4月28日(金) 豊田市民芸館・企画展

豊田市民芸館/河村喜太郎、又次郎、喜平三代展を見学してきました。他にも様々な展示がありいろいろと見学しました。参加者は10名。


猿投の土に魅せられた河村家三代の作品約150点が展示されています。

 


窯変浮彫文壺/河村喜太郎氏作品

 


ラスター彩壺 河村喜平氏作品 2014年

 


窯変渦彫文壺 河村又次郎氏作品 1963年
残念ながら作品の撮影はNGなので展示展案内から転載しました。

 

 
第1民芸館では「三河土人形展」が行われていました。

 


人形と共に雌型も展示されています。

 

 
第3民芸館では家具や調度品が展示されています。

 

 
近くには加藤唐九郎ら使った古志戸窯の跡がありました。
この頃は越戸でなく古志戸。

 


民芸の森 「青隹居」(せいすいきょ)と読みます。

 

 
新進の84年生まれ、県内出身の陶芸家、山岸大祐氏による「森のアート展」が行われていました。

 


皆さんで記念に一枚。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です